eco電力のでんき|基本料金0円でオトクに!

再生可能エネルギーで学内電力消費を正味ゼロへ NA100プロジェクト

再生可能エネルギーで学内電力消費を正味ゼロへ

今、欧米・日本では事業運営の電力を再生可能エネルギー100%で賄う「RE 100」の動きが広がっています。
日本企業ではリコー・SONY・大和ハウスなど16社ほどが加盟しています。
国際団体「RE100」の掲げる目標として下記2点が掲げられています。
・再生可能エネルギーの新規導入拡大
・化石燃料の消費削減

しかし、「RE100」では電力消費を再生可能エネルギー100%にするといった目線しかありません。
再エネ生産には目が向けられていないのです。
そこでわたしたちは、使用する電力≦生産する電力であれば再エネの新規導入拡大と化石燃料の消費削減に貢献していると認める「NA100」プロジェクトを発足いたしました。
生産で再エネ100%を実現することを目指し、「NA100」にご賛同いただければと考えております。

世界の教育機関の動向

EPA(米国環境保護庁)は2001年に、企業等の自発的な再生可能エネルギー電力の購入を促すため、
「GEP(グリーン電力パートナーシップ)」を設立しています。
そこに参加する団体企業の中には、州政府や地方自治体、大手企業だけではなく、大学などの教育機関も含まれているのです。

世界の教育機関、再エネ電力購入などの導入事例(2019年2月現在)
①自社の敷地内に再エネ発電設備の導入(オンサイト発電)

組織名 年間オンサイト発電量 オンサイト発電源
カリフォルニア大学 81,304,049kWh バイオマス、太陽光発電
約74MW出力相当
ミズーリ大学 70,658,209kWh バイオガス、太陽光発電、風力
約64MW出力相当

②再エネ発電事業者との電力購入契約(地域新電力への切替)

組織名 総契約量 契約数
スタンフォード大学 159,626,907kWh 2件
ジョージタウン大学 78,389,440kWh 1件
バージニア大学 70,580,898kWh 2件
カリフォルニア大学 58,249,157kWh 24件

日本初、電力での「自然エネルギー100%大学」

日本初、電力での「自然エネルギー100%大学」
※出典 千葉商科大学ホームページより
日本初、電力での「自然エネルギー100%大学」

千葉商科大学は2017年に地球温暖化対策等の環境保全に貢献するため日本初の「自然エネルギー100%大学」を目指すと宣言。 内容としては、再生可能エネルギーによる発電量と学内の消費量を差し引き0にするネット・ゼロ・エネルギー・キャンパス化というもの。
プロジェクトの1つとして「自然エネルギー100%のエコキャンパス」を目指し、自らの使用電力量に相当する分を、自らが再エネで発電、照明をLED化、学生が推進して学内の省エネ活動を行うなど積極的に活動をスタートさせました。
2019年には表明した環境目標のうち、2018年度の目標としていた1年間の電力での自然エネルギー率※が101.0%となり、2018年度目標の「本学所有の発電所等の発電量と千葉商科大学の消費電力量を同量にする」ことを達成しました。
近年、気候変動問題に取り組むことは経済的に有益であり、社会に多様なメリットをもたらすことが実証されています。
世界各国の企業や金融機関等が100%自然エネルギーに向けて動きはじめています。

自然再生可能エネルギー100%構築のイメージ

太陽光発電設備の設置はもちろんですが、何よりも学生1人1人の日々の行動による省エネに対する意識づくりが大切となります。
今後、環境を意識した社会に向かっていくことは間違いありません。若い世代の環境を意識させる教育が必要となっています。
わたしたちはNA100プロジェクトを通じて環境教育の促進を支援いたします。

自然再生可能エネルギー100%構築のイメージ

NA100プロジェクトの実現イメージ

再生可能エネルギーによる発電量と学校内の消費エネルギーを正味ゼロにし、生産で再エネ100%を実現する動きです。
わたしたちはNA100プロジェクトで再エネ100%の学校の構築を目指します。

現在

「NA100」プロジェクトの実現イメージ

NA100プロジェクト取組み後

「NA100」プロジェクトの実現イメージ

「NA100」プロジェクトのメリット

①年間消費電力の削減・二酸化炭素排出量の削減が可能

省エネ(蛍光灯をLEDに変更するなど)により年間消費電力量の削減ができます。
また、御校の太陽光発電所の環境価値を付与した電気※を使用した場合、二酸化炭素排出量を大幅に削減することが可能となります。

※FIT法に基づいた発電所の環境価値=二酸化炭素排出量の削減が可能。
eco電力を介する事により御校発電所の環境価値を付与した電気を御校に供給することが可能となります。

②電気料金の削減・太陽光売電による副収入で経済的メリット

省エネによる電気料金の削減ができます。
また、国が定める太陽光固定価格買取制度による安定した売電収益を得ることができ、経済的メリットも増加します。

※固定買取価格制度(FIT法)による20年間電力会社が一定価格で発電した電気を買い取ることを義務付ける制度。
2019年度は1kWh=14円(税別)

③環境価値付与による御校ブランド力の向上と環境教育の促進

学内で使用する電力を自家発電し消費する「自産自消型モデル」の構築。
また、小中学校を訪れる保護者や地域住民へCO2削減対策の啓発が図られ、あわせて、児童生徒への環境教育が促進されることで御校のブランドイメージも向上します。

ECO電力特典①

御校に在籍の方のご家庭の電気料金 通常1kWhあたり24円を23円に割引いたします!

御校の在籍の方のご家庭の電気代を安くすることで家計をサポートいたします。

特典①

3人暮らし 従量電灯Aからeco電灯Aプランへ切り替えた場合

特典①

※従量電灯A 392kWh/月ご利用の場合 ※再エネ賦課金は含まれておりません

ECO電力特典②

御校とのプロジェクトをPRさせていただきます!

ホームページ内で御校とのプロジェクトのご紹介をさせていただく他、様々の媒体でPRをさせていただきます。
また、在校生の皆様へ環境に関するワークショップを行い、環境活動の推進のお手伝いをさせていただきます。

eco電力公式HP
eco電力公式HP
現在、香川・岡山にてTVCM公開中
現在、TVCM公開中

NA100プロジェクトにご興味の方は、下記までお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 0120-325-155

ページトップ